マルチCAD対応3Dビジュアライズシステム「SpinFire/Centro」

Provided bydatadesign

SpinFireのソリューション

2D/3DマルチCAD対応のグローバル3Dビューワー

SpinFire Ultimateは、21万人以上のユーザーと6000社の顧客を持つ、グローバル3Dビューワーです。
様々な3DCAD・2DCADのデータを軽量なビューワーデータに変換でき、社内外でのデザインレビューや製造確認、マーケティングなど設計以外の部署へ広く活用することができます。
多言語対応していますので、海外を含めた各拠点間での情報共有にも役立ちます。

3Dデータはその視認性の良さから社内外でのコミュニケーションツールとして期待されています。しかしCADデータのままでは設計以外の部門で利用が難しく、形状確認のためだけに3DCAD講習を受けなければならないとなると、3Dデータの全社展開はますます困難となります。そのためには誰でも簡単に、かつ軽快に扱える3Dデータが必要です。Spinfire Ultimateはあらゆる3DCADデータを独自の軽量フォーマットに変換し、形状確認や各種測定、コメント・注釈の入力、断面確認などを行なえる3Dビューワーです。
3Dデータを利用したより効率の高い社内外のデザインレビューや営業向けのプレゼンツール、製造側での形状の事前確認、取扱説明書向けの分解図作成など、企業全体に3Dデータ活用の幅を広げることができます。また協力会社への配布による図面作成削減にも効果が期待できます。

SpinFireのメリット

  • より有効に、3Dデータを活用できる-「使う3D」と「見る3D」を明確化し、適材適所に配布することで3Dデータを幅広く活用できます。
  • CADデータ作成の仕組みに依存せず、社内各部署で活用できる-CADは3D形状を作成する「道具」です。 作成(設計)する3D形状の特性によって、適切な道具(CAD)は異なります。 各部署や協力会社で異なるCADを使用していても、Spinfireフォーマットで統一することでで3Dデータを統合することができます。
  • CADオペレーションのスキル不要-3Dデータにおいては、データを作成する人よりも、データを活用・利用する人の方が圧倒的に多数です。SpinFireであれば、3Dの本質である「見て、簡単に扱う」ということを実践できます。
  • 外部用参照データとして活用-形状変更を行なわない協力会社などにはViewerデータを配布し、無償の「Spinfire Viewer」で形状確認を実施することで形状認識のズレを早期段階で解消できます。
  • 図面レス環境の推進ツールとして-段階を踏みながら現場や下流工程での2D図面運用から3Dデータ運用への移行を推進することができます。
  • DR用3Dデータとして活用-3Dデータでデザインレビューを行なうことで、より密度の濃い結果をもたらしてくれます。重たいCADデータより軽快に動作するViewerデータを使用することで作業効率も大幅にあがります。

ページトップへ

Centroのソリューション

Centroのインテグレーションプラットフォーム

Centroは製造プロセス関連情報のデータソースに接続し、あらゆるCADモデルと連携させるインテグレーション環境であります。ビジネスユーザはCentroのユーザフレンドリーなインターフェース経由でデータインテグレーションをセルフサービスで行います。Centroは全スタッフが同じバージョンを利用しているように、商品情報・製造情報を自動的にシンクロナイズします。

Centroによる製造データディスカバリー

CentroはCADモデル、メタデータ、及び関連資料のセンターリポジトリであり、資料・形状検索、比較、解析機能を揃ったデータディスカバリー環境であります。数全パーツと関連リソースをアクセスできる属性による検索ツールを利用して必要な情報をすぐに手に入れます。尚、CADモデル比較、閲覧、寸法測定、解析などのツールも含まれております。更に、ユーザ別アクセス権限が設定できる万全のセキュリティ機能で、大切なデータを安全な環境でメンバーに共有できます。

一つのアプリケーションを開くだけで複数のソースからの情報を一括で確認することを想像したことありませんか。Centroはそれを実現します。ERPからの複雑3Dジオメトリ、PDM/PLMデータソース、Excelシートまでも情報原として利用できます。Centroの「データディスカバリー」技術は複数のデータベースから情報を抽出し、一つのインターフェースでアクセスできるようにします。

Centroのメリット

  • 製品データの蓄積 – CentroはPDM/PLMやCAD室から本来連携されていなかった製品データ・製造プロセスデータを蓄積し、一つのアプリケーション経由でアクセスできるようにします。
  • エンジニアリングデータ共有 – Centroのコア機能はCADファイル、エンジニア関連資料からデータベースのように製品データ・属性を週出することです。尚、CentroはCADデータをエンタープライズどこからでも閲覧できるようにします。
  • データディスカバリー – ビジネスユーザはCentroのデータ解析・検索ツールを使って、必要なエンジニア情報・製造プロセス関連情報をセルフサービスで行えます。
  • コンセプトからの製品開発プロセストレッキング – 今までのビジネスシステムは製品開発サイクルの生産フェーズに集中することが多いですが、Centroはプロジェクトコストの95%が発生するコンセプトフェーズを支援するため、より効果的な開発トラッキングが可能になります。
  • エンタープライズ情報へのアクセス – Centroは各ビジネスシステムを統一化しエンタープライズデータを、場所やアプリケーションの壁のない中心リポジトリに集め、どこからでもサクセスが可能にします。
  • 製品データのシンクロナイズ – Centroはバージョン管理機能でエンタープライズデータをシンクロナイズし、全メンバーが必ず同じバージョンを利用するようにします。リビジョン管理、チェックイン・チェックアウト機能などで誤った上書きによるデータ損失を防ぎます。比較ツールを使えばその場でデータの差異を発見できます。

ページトップへ