datadesign Co., Ltd

ブログ 地域社会に貢献:Artec3Dは子供慈善団体と協力し、孤児たちに3Dスキャニングクラスを実施しました

Artec 3Dは常に慈善団体の活動をサポートしており、特に子供のための慈善活動に力を入れています。
今年のクリスマス、Artec 3DはDeti Nashi子供基金と提携し、助けを必要としている子供たちが笑顔になる支援をする機会を得ました。
子供たちに届けるのはおもちゃでも、クリスマスが終わればパッと魔法が消えるように効果がなくなってしまうようなものでもありません。
多くの子供慈善団体がクリスマスに的を絞り、孤児たちにお菓子やおもちゃ、高価なガジェットなどのギフトを贈っています。しかし、クリスマスが過ぎ、このお祝いムードが終わると、子供たちの興奮もすっかり元通りに冷めてしまいます。そして、多くの場合、慈善団体が次に贈り物をする1年先のクリスマスまで、子供たちは待たなければなりません。
 

 
Deti Nashiは贈り物について異なるアプローチをしている子供基金で、クリスマスプレゼントを超えた「希望」という名の贈り物をしています。過去11年に渡り、Deti Nashiは、孤児院で暮らす子供たちが困難の多い孤児院で暮らした日々を過去のものとし、社会に出て成功するために役立つスキルと重要な知識をつけられるよう、ロシア・スモレンスク州にある2つの孤児院のための募金活動を行ってきました。
 

「孤児たちが社会的孤児とならないよう、両親のぬくもりを得られなかった子供たちへの支援を社会の一部とする」ーDeti Nashi基金のミッション
 

今日、この基金は150名以上の子供にIT、料理、アート、スポーツなどを学習させることにより、彼らがそれぞれの分野で才能を発揮できる機会を与えることで彼らを支援しています。Artec 3Dは、IT分野の勉強をしている8名の聡明な子供たちに3Dテクノロジーの世界を紹介することにしました。

子供たちをArtecのモスクワオフィスに招待し、3Dスキャニング技術のすべてを披露すると、彼らは3Dスキャニングとは何か、その仕組み、主な用途、使用されている業界についてどんどんと吸収してきました。しかし、子供たちが最も目を輝かせたのは、Artecの3Dスキャナを自分の手で持ち、被写体を実際にスキャンし始めた時でした。Artecの熟練の3Dスキャニングスペシャリストの指導により、彼らは当社で最も人気の高いArtec EvaとArtec Space Spiderでデータキャプチャに挑戦しました。
 

彼らの興奮した姿を一生忘れることはないでしょう。彼らがまたArtecに戻ってきたいと言ってくれた時は、この日最高の瞬間でした。この美しい子供たちに必要なのは、たった1回の善意でははありません。彼らが能力を発揮していくためには、継続的な支援、励まし、指導が必要です。
彼らの過去について私たちにできることはありませんが、彼らの未来は私たちが手助けすることができます。彼らに明るい未来を与えるため、皆様からの寄付をお願いしています。皆様からの寄付により、孤児たちは質の高い教育と今後の人生で成功するために必要なスキルという彼らが真に必要としているものを手に入れることができます。わずか10ドルで10人の子供が1時間の講習を受けることができます。私たちは寄付により力を合わせ、一緒に世界を変えていきましょう。
ご協力ありがとうございます。