datadesign Co., Ltd

加工データの最終品質チェッカー Eureka
Overview

Eurekaマシンシミュレーション とは

NCシミュレーション「Eureka」は、5軸加工機・複合旋盤・ロボットのNC動作を仮想機械によるシミュレーションにより、ワークの素材切削状況、治具、機械部品の動作干渉をチェックするソフトウェアです。

PC上で動作干渉をシミュレーションしながら、切削工具と加工材特性を参照し、切削力と工具負荷を予測し、理想の工具負荷や切りくず厚みにするための送り速度(F値)を調整することでデータ品質を向上させ、安全な機械運転を提供します。

EUREKA 3AXIS 3軸機・旋盤

EUREKA 5AXIS 5軸機

EUREKA MILL-TURN 複合旋盤

カッティング・コンディション 切削状況予測+送り速度の最適化

EUREKA ROBOT ロボット

EUREKA ADDITIVE ハイブリッドマシン


EUREKA 3AXIS 3軸機・旋盤

プログラムミスの検出、加工検証が可能な3軸基本ソフトウェアです。
2軸から3軸、旋盤加工のシミュレーションに対応します。

高精度シミュレーション

製品モデルとの形状比較


EUREKA 5AXIS・MILL-TURN 5軸機・複合旋盤

あらゆるメーカーの加工機、コントローラ、カスタムマクロに対応し、
工具交換やパレットチェンジ、複雑な回避動作など、実際の工作機と同一の動きを再現します。

5軸フライス加工機

複合旋盤


カッティング・コンディション 切削状況予測・送り速度最適化

工具情報や加工材情報、加工機特性情報をもとに、除去量比率、切りくず厚み、所要電力(動力)、機械トルクの予測が可能です。
理想の工具負荷にするための送り速度(F値)を最適化し、加工品質向上、安定した切削、ビビり防止、加工時間削減、工具コスト削減を可能にします。

切削状況の予測

切削状況を予測しシミュレーション結果としてリアルタイムにグラフ表示します。

送り速度の最適化

切削状況の予測結果を基に指定した範囲内で送り速度を最適化します。

オプティマイズ実行後の切削状況

最適化したNCデータを再生成し出力します。


EUREKA ADDITIVEハイブリッドマシン

アディティブ機能を搭載したDED(LED)タイプのハイブリッド工作機への対応を支援します。
STLデータからアディティブ軌跡を自動生成し、NCポスト機能により機械にマッチしたデータ出力機能を搭載しています。


Eureka 対応機種・コントローラ

多軸機械タイプ

立型テーブル オン テーブル
横型テーブル オン テーブル
立型トラニオン
横型トラニオン
立型主軸首振り
横型主軸首振り
ユニバーサル
複合旋盤
スイス式旋盤

コントローラー(制御装置)

FANUC
OSP
MELDAS
MAZATROL
YASNAC
SIEMENS
HEIDENHAIN

ロボット

FANUC
KAWASAKI
Motoman
KUKA
ABB
Staubli
Comau


動作環境

OSWindows 7/8.1/10 64ビット
CPUIntel Core i5以上(推奨 Core i7 以上)
メモリ8GB以上(推奨16GB以上)
関連ソフトInternet Explorer 11
グラフィックスOpenGL対応グラフィックスカード(AMD/nVIDIA)
その他ライセンスキーのためのUSBポート必須
(ライセンスサーバー用PC)