datadesign Co., Ltd

触感デバイス対応ボクセルモデラ Geomagic Freeform
GeomagicFreeformV2019 What'sNew

V2019 新機能

Dynabotの追加

Freeformに新しく「Dynabot」が追加されました。
「Dynabot」はマクロ機能のように作業の一連の流れを記録し、その工程の編集や再生が可能です。

Dynabotエディター

一連の流れが記録されるとUIにはテキストベースのリストが作成されます。
このリストの編集や再生をします。

Daynabotエディター

記録されたテキストベースのリスト

パレットに追加

作成した「Dynabot」はパレットに保存ができ、判別しやすいようアイコンの編集が可能です。

ショートカットキー作成

素早くアクセスできるようショートカットキーの割り当が可能です。

HybridToolsの追加

HybridTools機能が追加され、今まではクレイやソリッドでしか作成できなかった回転形状やロフト形状を、メッシュやSubDでも作成が可能となりました。
各機能にはクレイ、メッシュ、ソリッド、SubDを選択する設定があるため、一つの機能でクレイ以外のモデルも作成することが可能になりました。
これにより、クレイやソリッドごとに専用のモデル作成機能に切り替える操作が不要となります。
なおSubDについては、Extrude、Revolve、Curve Network pieceの機能のみ選択が可能です。

HybridTools一覧

またHybridTools内の全ての機能に、従来のワイヤカットやスピン機能には無かったモデルの分離機能が追加されています。
以前までは選択機能を使用し分離したい部分をカットし、新規ピースとして貼り付けるという作業を行っていたが、この機能を使用することで、スケッチを選択しボタン一つでモデルを分離させることが可能となりました。

モデルの分離機能

分離する範囲の選択

分離後

Extrude

スケッチを使用し、クレイ、メッシュ、ソリッド、SubDの押し出しモデルを作成することが可能です。
従来のワイヤカット機能とは異なり各方向ごとに押し出し距離とドラフト角を設定することが出来きます。
 
また全て通過ボタンを押すことで、下図のように作成されたすべてのモデルを通過した状態のモデルを作成することが可能となっています。

両方向に押し出しを行ったモデル

全てをのモデルを通過した状態(斜め方向)

全てのモデルを通過した状態(上方向)

Revolve

スケッチを使用し、クレイ、メッシュ、ソリッド、SubDの回転モデルを作成することが可能です。
従来のスピン機能とは異なり、スケッチの複数選択とモデルの回転角度の設定を行うことが出来きます。

回転形状の作成

Curve Network piece

カーブネットワークを使用し、クレイ、メッシュ、ソリッド、SubDのモデルを作成することが出来きます。

カーブを使用したモデル作成

Sweep

スケッチとガイドカーブを使用し、クレイ、メッシュ、ソリッドのスイープモデルの作成が可能です。
従来のスイープ機能とは異なり、マウスでも操作を行うことが出来ます。

スイープモデルの作成

Loft

二つ以上のスケッチを使用し、クレイ、メッシュ、ソリッドのロフトモデルの作成が可能です。
従来のロフト機能とは異なり、マウスでも操作を行うことが出来ます。

ロフトモデルの作成

自動サーフェス機能の改善

自動サーフェスを行う際に、自分で作成したカーブを輪郭カーブとして使用することが可能となりました。
輪郭カーブを使用することにより、自動サーフェスにより作成されたサーフェスのパッチが、輪郭カーブで区切られるようになります。これにより、モデルの上面部分のみなど特定部分のパッチの削除などの編集が行いやすくなりました。

従来の自動サーフェス(一部のパッチを選択した状態)

カーブを指定した自動サーフェス(一部のパッチを選択した状態)

自動サーフェス機能を使用する前に、作成したカーブを設定から自動サーフェスの際に使用できる状態にし、自動サーフェスの設定画面のカーブを使用しサーフェスを作成する機能をオンにすることで、輪郭カーブの使用が可能となります。

輪郭カーブの設定

輪郭カーブの使用設定

ピースのパターン機能の改善

ピースのパターン機能に、複数オブジェクトの選択など詳細設定が追加されました。
また、従来はカーブ、スケッチ、サーフェスに沿ってのみ配列が可能でしたが、今回の改善により平面やオブジェクトもガイドとして使用することが可能となっています。

モデルの複数選択

平面に沿った配列

下記の設定からボタンを切り替えることで、オブジェクトの複数選択、ガイドとして使用する要素の選択が可能となっています。

オブジェクトの複数選択

ガイドに使用する要素の選択

ブーリアン機能の改善

色の付いているモデルをブーリアンで結合する際、モデル同士が重なり合っている部分の色の補完の設定が可能となりました。
各モデルに色が付いている場合のみ、ブーリアン結合の設定から色の補完に関する設定の選択が可能となります。

結合前

ターゲットの色に合わせた状態

交差部分を他の色で補完した状態

UIの改善

UIが改善され、テーマ色の変更やオプションダイアログ等の透過度の変更が可能となりました。
改善された機能は下記の通りとなります。

テーマ色の変更

オプションから、テーマ色の変更が可能なりました。
クレイの色や要素の色を変更した際に、背景色と重なって見づらい場合などに有効となります。

Daylight

Evening

オブジェクトリスト等の透過度変更

オプションから、オブジェクトリスト、ツールボックスウィンドウ、オプションダイアログの透明度が変更可能となりました。

これにより、各ウィドウがモデルと重なっていてもモデルが隠れることが無くなるため、ウィンドウをずらしたり非表示にする操作が不要となります。

透明度0%

透明度50%

パレットのカスタマイズ機能の改善

パレットのカスタマイズ機能に、アイコンの表示と非表示に関する機能が追加されました。
これにより、各機能の必要なアイコンのみを表示させることが可能となります。

パレットの表示設定

またカスタマイズのメニューでは、各機能内のすべてのアイコンを非表示にする設定も追加されています。
この設定を使用しすべてのアイコンを非表示にすることで、機能ごと非表示にすることも可能となっています。

設定変更前

カーブ機能のみ非表示の状態

お気に入り機能の表示改善

スペースキーでお気に入り機能を表示させた際、名前だけではなくアイコンも表示されるよう改善されました。
以前はお気に入りに登録した機能が増えてくると、一目では目的の機能が判断しづらかったですが、パレットと同じアイコンが追加されたことにより、お気に入り内の機能が判別しやすくなっています。

従来のお気に入り機能

改善されたお気に入り機能

Artecの設定追加

Artecでスキャンを行う際の設定が改善されました。
オプションにて、スキャン画面をフローティングで表示するか、メインウィンドウに表示するかの切り替えが可能となりました。
これにより、フローティングの際に行っていたスキャン画面の位置調整が不要となります。

フローティング設定

メイン画面設定